代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 看護部 > 活動内容

活動内容

看護師の活動

専門看護師・認定看護師の活動

がん看護専門看護師

野口 久美子

がん患者さんの疾患や治療のみではなく全体像を捉え、患者さんと家族のQOLが向上できるように援助しています。患者さんと家族が持っている力を伸ばし、治療を受けながらもその人らしい生活を維持できるように援助しています。また、看護師から相談を受け、カンファレンスなどを通して看護師の能力を高める支援を行っています。

 

がん看護専門看護師

松谷 奈央

「がんとともにその人がその人らしく生きる」ための継続した支援を目指し、病棟と外来を横断的に活動しています。また、さまざまな悩みや不安を一緒に考え、多職種と協働して支援しています。特に遺伝やセクシュアリティを専門とし、患者さんや家族、看護師の相談に乗ったり、教育的支援を行ったりしています。

 

がん看護専門看護師

田中 圭

患者さんの思いに寄り添うということがどういうことなのか、いつも自問自答しながら患者さん、ご家族のもとに足を運んでいます。その中で、患者さん、ご家族、一人ひとり、一家族一家族が望まれている治療、生活が実現できるように、また、その質をより良いものにするために医師、看護師をはじめ多くの専門職種と力をあわせて支援させていただいています。私の専門は「食べること・食生活を支える援助」「声を失った方の生活を支える援助」です。

 

小児看護専門看護師

坂田 友

小児がん患児は、発病期から退院後も様々な課題を乗り越えなければなりません。子どもにはそれを乗り越える力があり、その力が十分に発揮できるよう、病院内外の専門職と連携をとりながら支援しています。また、患児のきょうだいを含めた家族への相談対応、精神的サポートも行っています。がんで闘病中の親をもつ子どもの発達段階をふまえた支援にも取り組んでいます。日々成長しながら治療に臨んでいる子どもと家族が、不安なく治療に励めるよう心がけています。

 

緩和ケア認定看護師

近松 あや

安村 千佳子

泊 由布子

無田 千尋

緩和ケアとは、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者と家族に対して、疾患の早期より、全人的な問題に関して、的確な評価を行い、それが障害とならないように、予防したり対処することでQOLを改善するアプローチである」と定義されています。緩和ケア認定看護師は、患者を全人的に理解し、専門技術を用いて苦痛の軽減を図り、患者と家族のQOLを考慮し、療養の場に応じた日常生活の充実が図れるよう支援しています。

 

乳がん看護認定看護師

小野 菊世

竹尾 寒奈

乳がん看護認定看護師は、患者・家族への身体・心理・社会的サポート、治療選択のサポート、ボディーイメージの変容に関わるケア、術後リンパ浮腫予防のためのアドバイスなどを行っています。

 

がん化学療法看護認定看護師

今村 繭子

吉田 ミナ

古賀 祐美

がん化学療法看護認定看護師は、がん化学療法薬の安全な取扱いと適切な投与管理や副作用、症状のマネージメント、がん化学療法を受ける患者・家族のアセスメント及び、問題に対するセルフケア能力向上のための支援を行っています。

 

がん放射線療法看護認定看護師

小柳 有子

田中 絵理香

がん放射線療法看護認定看護師は、①治療方法について、適切な情報提供により患者の意志決定を支援する ②治療の効果と有害事象についてアセスメントし、効果的な予防と症状緩和を行う ③最大の治療効果と安全安楽を確保するために治療環境を整備する ④看護の実践を通して役割モデルを示し、看護スタッフに対する具体的指導や相談に対応する ⑤多職種によるチーム内の調整役として、円滑な治療及び在宅療養を促進する、などの役割が果たせるよう日々活動しています。

 

感染管理認定看護師

木葉 勝美

本村 景子

ICT(感染対策チーム)の活動を通して、院内感染サーベイランスの実践、ケアの改善に向けた感染防止技術の導入、施設の状況に合わせた感染管理プログラムの立案と行動などを行っています。がん患者のQOLを低下させないよう感染対策に取り組んでいます。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師

梶田 志帆

皮膚・排泄ケア認定看護師は、傷のこと(褥瘡や術後創傷)、皮膚のこと(治療に伴う皮膚障害やおむつかぶれ等)、排泄のこと(人工肛門のケアや尿失禁のケア)に関する支援を行っています。局所のケアを生活の中にどう取り入れていくか、実際に患者さんやご家族と相談しながらサポートを行っています。

 

アピアランスケア

抗がん剤治療の副作用によって脱毛や皮膚・爪のトラブルなど外見的な変化が起こることがあります。簡単にできる対処法の紹介や同じように悩んでいる方と気持ちを共有することで治療に前向きになれるようサポートを行っています。

看護部内委員会の紹介

委員会名 内容
看護教育委員会 九州がんセンターの理念「病む人の気持を」に基づき、がん専門病院として、質の高いがん看護を実践するために、経年別教育、看護研究研修、実習指導者研修、がん看護の専門的教育研修を行っています。
看護基準委員会

看護基準委員会では、看護者の看護実践の為の行動指針である「看護基準」とその「看護手順」の検討を行っています。九州がんセンターに勤務するすべての看護師が、看護基準に基づいた看護実践ができるように努めています。

看護記録委員会 看護記録委員会では、病院理念である『病む人の気持を』を大切にした個別性のある看護実践を看護の証として記録に残すよう努めています。また電子カルテにそった記録の効率化・標準化を推進しつつ、記載基準の検討や記録監査を実施し、看護の透明性を追求する記録を目指しています。
看護安全委員会 患者さんに安全で質の高い看護を提供することを目的として、インシデントの検討、対策を実施し、評価しています。同時に、医療安全の重要性と必要性について看護師教育を行っています。各部署のセーフティーマネージャーと協働して、安全な看護が遂行出来る体制・環境を整えるための活動に取り組んでいます。
看護医療情報委員会 看護の質の向上をめざし、医療情報に関する事柄の検討・体制の整備・情報発信を行っています。主に、電子カルテの運用基準や手順などの整備を行っています。
がん看護専門委員会 がん看護専門看護師、がん看護分野の認定看護師が、お互いに連携して、看護の質の向上を図るため、さまざまな活動を行っています。
化学療法コアナース会議 抗がん剤治療をうける患者さんに対し、患者さんの状況や薬剤の特性に応じた、安全で苦痛を軽減できるような看護が提供できることを目的に取り組みを行っています。
退院支援コアナース会議 退院支援は「患者家族の意向の尊重と自立支援」です。日常の生活に戻っていくために何が必要かをアセスメントし、退院後の生活に支障をきたさないように調整します。各病棟にコアナースを設け退院支援を推進しています。
褥瘡予防・NSTリンクナース会議 月1回褥瘡ラウンドを実施し、院内の褥瘡発生状況を会議で情報共有しています。また褥瘡・NSTグループにわかれて、褥瘡発生防止や栄養改善、口腔ケアなどについて、計画的に活動を行っています。
感染防止対策リンクナース会議 ICT(感染対策チーム)とリンクし、看護部内で院内感染防止の具体的対策を実施しています。スタッフの感染に対する意識向上とがん患者のQOLを低下させないよう感染対策に取り組んでいます。

ボランティア活動

当院は、たくさんのボランティアの方にご協力いただいています。
小児病棟に絵本の読み聞かせや、各月の行事のボランティアの方、入院中患者さんにピアノコンサートやシャンソンコンサートなどの音楽会を開催してくださる方、敷地内の花壇の手入れや、木々の剪定をしてくださるボランティアの方等、年間を通じて活動していただいています。看護部では、このようなボランティア活動のサポートとして、音楽会のお知らせや会場づくり、ボランティア活動の広報等、少しでも患者さんのお役に立ちたいと活動をしています。

 

【H27年度 ボランティアコンサートの実績】

年 月 日

音楽会名

H27年 5月 ピアノコンサート
H27年 6月 ピアノコンサート
H27年 7月 寄席
H27年 8月 合唱
H27年 9月 ハートフルコンサート
H27年10月 寄席
H27年11月 ギターコンサート
H27年12月 ハートフルコンサート
H28年 1月 ピアノコンサート
H28年 2月 寄席