代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 看護部 > 看護部について

看護部について

 看護部では、「病む人の気持ちを」という九州がんセンター初代院長のことばを大切に受け継ぎ、看護部の理念を次のように掲げています。

 

知恵と心で

最良で最高の看護を提供し

病む人の気持ちに応えよう

 

 私たち九州がんセンター看護師は、患者さんやご家族に寄り添い、患者さんやご家族の気持ちに応えるとはどういうことなのかを常に考えながら、一人ひとりの気持ちを尊重した、私たちだからできる看護を探求し続けていきます。

看護部長あいさつ

看護部理念

知恵と心で、最良で最高の看護を提供し、病む人の気持ちに応えよう

看護部では、患者さん一人一人のお気持ちに応える援助をするために、熱い心で患者さんに寄り添い、きめ細やかな看護を提供しています。
がん看護の専門性を高める、充実した現任教育を計画的に実施しながら、看護師の能力開発と資質の向上に努めています。がん専門病院の看護を担う専門職としての責務を自覚し、私たちだからこそできる看護、私たちにしかできない看護を日々追及しています。

看護部長(認定看護管理者)
西山 ゆかり

職場紹介

看護部は8つの病棟と、手術室・中材、外来の10看護単位です。勤務体制は、二交替制の病棟と三交替制の病棟があります。平成27年4月よりパートナーシップ・ナーシング・システムを導入しました。

看護

単位

診療科

病床数

特徴

3階東病棟

 ・

HCU

消化器外科

肝胆膵外科

45床

 

  ・

6床

消化管の手術を受ける患者さんや、術前から術後の看護、化学療法、放射線療法を受ける患者さんが安心して治療を受けられるようにサポートしています。また、受け持ち看護師を中心に多職種と連携して、退院後の生活が安心して過ごせるように支援しています。HCUは術直後や重篤な患者さんが入室されます。患者さん4人に対して看護師1人の体制で全身状態の管理を行うとともに、患者さんや家族の気持ちに寄り添い、不安や緊張が和らぐような関わりに努めています。

4階東病棟

消化管・腫瘍内科

呼吸器腫瘍科

52床

抗がん剤や肝臓動注治療など、入退院を繰り返されている患者さんが安心して治療が受けられるよう、また患者さんの心の支えになれるよう多職種でカンファレンスを行い、チームで患者さんとご家族の意思決定を支援しています。温かく思いやりのある看護を心がけています。

5階東病棟

呼吸器腫瘍科

血液内科

52床

肺がん、悪性中皮腫などの患者さんの手術、化学療法、放射線療法の看護を行っています。また、多数実施されている治験や臨床試験が安全に、安心して受けられるような看護の提供に努めています。

5階西病棟

小児科

血液内科

48床

成人と小児の患者に、化学療法を中心とした治療とケアを行っています。自家移植や非血縁の造血幹細胞移植も行っています。週1回の移植カンファレンスは、患者さんの治療やケアがスムーズにいくように、多職種が集まり活発な意見を出し合っています。治療が長期となるため、患者さんやご家族の生活環境を整えると共に、精神的なケアも行いながら、治療が継続できるように支援しています。

6階東病棟

頭頸科

消化器・肝胆膵内科

52床

咽頭がんの手術のために声を失った患者さんに対し、コミュニケーション手段を共に考え、社会復帰に向けた看護をしています。また、抗がん剤や放射線治療による副作用をやわらげ、治療が継続できるように支援しています。

6階西病棟

婦人科

消化管外科

肝胆膵外科

52床

患者さんが安全に治療を終えることができるように、クリティカルパス・看護計画に沿ったケアを行っています。特に女性生殖器の喪失による悲嘆や治療に対する不安が軽減できるよう、常に患者さんに寄り添うケアに心がけています。また、医師や病棟薬剤師と定期的にカンファレンスを行い、統一した医療の提供、個別性のある看護の提供に努めています。

7階西病棟

乳腺科

消化管・内視鏡科

消化器・肝胆膵内科

形成外科

52床

各科の手術、内視鏡治療、放射線療法、化学療法を受けるために入院された患者さんが安心してそれぞれの治療がうけられるように努めています。また、入退院を繰り返し、長い療養生活を続ける方々に対しては、治療を継続しながらその人らしい生活が送れるよう支援をしています。

7階東病棟

泌尿器科

整形外科

消化器・肝胆膵内科

52床

各科の手術や化学療法を受ける患者さんに対し、効果的な治療が行えるようにケアを行い、同時に精神面への支援にも努めています。特に排泄機能障害をきたす患者さんに対しては、プライバシーに留意しながら適切なセルフケアが継続してできるように。外来看護部と連携しながら支援を行っています。

手術室

 

 

腫瘍切除・再建術などの手術を行っています。患者さん一人ひとりにあった安全、安楽な手術が出来るよう努めています。

外来

   

来院される患者さんとご家族が安心して、治療を継続しながら、自分らしく日常生活が送れるような支援を心がけています。外来化学療法センターでは、安全な治療管理・観察・生活支援を行っています。