代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 薬剤部 > 活動内容

活動内容

業務内容

①調剤業務

薬剤部では、医師が処方したお薬について、用法・用量が適正か、飲み合わせに問題がないかなどを確認して調剤を行っています。医師の処方に対し、必要に応じて問い合わせを行います。さらに調剤者と異なる薬剤師が最終確認を行い、複数の薬剤師の目で確認することで過誤防止に努めています。また、個々の患者さんに合わせたお薬を提供するために、小児や錠剤・カプセル剤が服用できない患者さんには錠剤の粉砕を、多くの薬剤を服用している患者さんにはお薬の一包化を行うなど、より効果的な薬物治療のお手伝いを行っています。

②注射業務

調剤と同様にお薬の用法、用量、重複投与、相互作用等がないか、注射薬の混合による品質の低下などがないかなどの確認を行っています。また、食事のとれない患者さんには、注射薬(高カロリー輸液)の無菌調製を行っています。万が一間違った投薬が行われると内服薬に比べ効果の発現が早かったり、強く現れたり、内服薬に比べて危険性が高いため、間違いのないよう患者さん個別に準備して別の薬剤師が2重で確認をして払い出しています。

③抗がん薬調製

治療計画に基づき、使用されるお薬の投与量・投与方法が適切な投与スケジュールで行われているか確認した後、無菌調製を行い、患者さんへのお薬の説明、副作用やその対処法について説明を行う等治療の支援をしています。

④医薬品情報(DI)室について

 患者・家族支援センターのページにあります『医薬品情報室について』をご覧ください。

 

 

病棟活動

①入院患者さんへの服薬指導

入院中に服用していただくお薬について、患者さんご本人やご家族の方に説明しています。患者さんが正しく、安全に・安心してお薬を使用していただけるようにお薬の効果、用法・用量、副作用、注意点等を説明しています。薬の有効性・安全性・副作用などに注意を払い、質の高い薬物治療に貢献できるよう努力しています。

②薬物血中濃度解析(TDM)

血液中の薬物濃度の測定結果をもとに、患者さん1人1人の状態に合った投与量・投与方法について医師に提言し、お薬の適正使用を支援しています。

 

③チーム医療への参画

チーム医療とは一人一人の患者さんに対し、多職種の医療スタッフがチームを組み、お互いの専門性を尊重し、最大限の能力を引き出し合うことによって最善の治療をおこなう医療現場の取り組みです。薬剤師はチーム医療の一員として、より適正な薬物療法を行えるよう緩和ケアチーム、ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)等の活動に参加し、薬学的アプローチを通して患者さんの治療を積極的に支援しています。