代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 看護部 > トピックス > 看護師の教育

看護師の教育

教育計画

【教育目的】

九州がんセンターが担う医療を推進するための看護実践能力を備え、優しい心をもち、生命と人権を尊重する看護師を育成し、がん看護の質的向上を図る。

【教育目標】

  1. すべての看護師が、当院の理念と看護部の理念を理解できるように支援する。
  2. 豊かな感受性をもち、人格と人権を尊重しながら、病む人の気持ちに寄り添える人財を育成する。
  3. がんチーム医療を推進していくために、チーム医療の在り方について理解し、職種間の調整を円滑に行える看護師を育成する。
  4. パートナーシップを理解し、相手を尊重した質の高いコミュニュケーション力を持つ看護師を育成する。
  5. すべての看護師が、主体的・継続的に学習できるように環境を整備し、専門職業人としての自律を支援する。
  6. 当院が担うがん医療の領域において、OJTとoff-JTを連動させながら、専門的知識に裏付けられた質の高い看護実践ができる看護師を育成する。
  7. がん看護領域について、地域における指導的役割を担える人材を育成する。

研修受け入れ

.がん看護に関する主な研修・実習受入状況

1)がん看護エキスパートナース研修

主催:独立行政法人国立病院機構九州グループ

目的:(1)がん看護ジェネラリストとしてがん看護に必要な専門的知識と技術を統合し、がん看護実践の役割モデルになれる看護師を育成する。
(2)がん看護のEBNを実践し、患者・家族・スタッフへ指導(教育)できる能力を養う。

対象:(1)独立行政法人国立病院機構九州グループ内の都道府県がん診療連携拠点病院および、地域がん診療連携拠点病院に勤務する看護師で、臨床経験5年以上、そのうちがん看護経験が3年程度の者
(2)上記(1)のうち、今後、各施設でがん看護実践の中核的役割を担う者

期間:10日間

実績:

回数

期間

参加者

第1回

H20. 6.16 ~ 6.27

11名

第2回

H21. 6.22 ~ 7. 3

10名

第3回

H22. 6.21 ~ 7. 2

13名

第4回

H23. 6.28 ~ 7. 8

20名

第5回

H24. 6.25 ~ 7. 6

20名

第6回

H25. 6.24 ~ 7. 5

21名

第7回

H24. 6.23 ~ 7. 4

14名

第8回

H25. 6.22 ~ 7. 3

13名

第9回

H26. 6.23 ~ 7. 4

14名

第10回

H27. 6.22 ~ 7. 3

22名

第11回

H28. 8.29 ~ 9. 9

18名

第12回

H29. 8.28 ~ 9. 4

16名

 

 

2)認定看護師教育課程実習

久留米大学認定看護師教育課程  がん放射線療法看護分野」実習

目的:がん放射線療法が行われている病棟や外来において、がん放射線療法を受ける患者と家族に看護を実践する過程を通して、最新の知識・技術を活用し、がん放射線療法看護認定看護師に必要な実践・指導・相談の役割を展開する能力を習得する。

期間:28日間

実習施設:日本看護協会より許可を得た施設で実習を行う。
厚生労働省より地域がん診療連携拠点病院の指定を受けていること。

実績:

回数

期間

参加者

第1回

H22.9.8 ~ 10.21

2名

第2回

H23.9.5 ~ 10.18

1名

第3回

H24.9.4 ~ 10.16

2名

第4回

H25.9.2 ~ 10.11

2名

第5回

H26.9.1 ~ 10.10

2名

第6回

H27.9.3 ~ 10.  9

2名

第7回

H28.9.7 ~ 10.14

4名

第8回

H29.9.5 ~ 10.  6

3名

国際医療福祉大学 生涯教育センター 認定看護師教育課程  

感染管理認定看護師

目的:所属施設での感染管理活動に活用できるよう、実習施設における医療関連感染予防・管理プログラムと感染管理担当看護師の役割を理解し、一部実践できる。

期間:20日間

実績:

 回数

期 間

参加者

第1回目

H26.1.10 ~ H27.2.4

2名