代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 私たちの診療 > 頭部・首 > 上咽頭がん(のどの上部)

上咽頭がん(のどの上部)

上咽頭がんの情報

上咽頭は、鼻のつきあたりの部位を指し、左右には耳があり、後上方に脳があり、前上方には眼があります。このため上咽頭癌になると、(1)鼻づまり(2)耳閉感・難聴(3)脳神経障害がおこります。上咽頭癌はリンパ節に転移しやすい性質を有するため(4)頸部リンパ節腫脹もおこします。上咽頭癌は頭頸部癌のなかでも稀な疾患で、福岡県で上咽頭癌にかかる患者さんの数は、1年間で40人程度です。

治療について

比較的進行するまで症状がなく、進行した状態で受診される患者さんが大半です。解剖学的位置から、手術をするのが極めて困難な部位ですが、幸いないことに放射線や化学療法の感受性が高い癌であり、治療は放射線・化学療法が主体となります。化学放射線療法後にシスプラチン+5-FUによる抗癌剤治療を3回繰り返す治療を標準としています。早期癌の治療成績は極めて良好ですが、ほとんどの症例が進行癌のため、全体の5年生存率は61%です。

治療成績

紹介時から治療までの期間

治療・検査内容

初診~入院までの期間:通常

担当診療科

手術+再建

3~4週間

頭頸科

化学放射線療法

1~2週間

頭頸科