代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 私たちの診療 > 女性特有 > 卵管がん・腹膜がん

卵管がん・腹膜がん

卵管がん・腹膜がん の情報

腹膜がんは卵巣、卵管には異常がないのに腹腔内に卵巣がんと同様の癌が拡がっている場合に診断される癌です。腹腔の壁や腸や子宮、膀胱の表面を被っている腹膜という膜から発生する癌です。実は卵巣も腹膜に被われており、腹膜がんの一部とも言えます。

治療について

卵管に発生する癌は卵巣癌とほぼ同様の拡がりや性質を持っているため、卵巣がんと同様の手術と抗がん剤による治療を行います。一般に進行した場合は卵巣がんとの区別ができなくなるため、卵管がんと診断されるものは比較的早期の卵管に限局したものに限られるため、その数は統計上は少ないです。

腹膜がんは一般的に卵巣がんや卵管がんよりも進行していることが多く、手術や治療も困難ですが、腹水や胸水が溜まっていても抗がん剤が効く場合には手術と抗がん剤の治療を組み合わせることで劇的にその進行が抑えられます。

手術実績

悪性腫瘍及び合併症の手術の推移

 

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年 2016年

子宮付属器悪性腫瘍手術

1

0

1

1

0

4 1

腹膜癌の手術

1

1

2

5

6

2 3

紹介時から治療までの期間

治療・検査内容

初診~入院までの期間:通常

担当診療科

手術

2~3週間

婦人科

化学療法

1~2週間

婦人科