代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 臨床研究センター > 組織 > 臨床腫瘍研究部

臨床腫瘍研究部

臨床研究と基礎研究とは、医学研究における車の両輪といえます。とくに、当施設のような診療機関に併設された研究所にとって、臨床研究はその研究活動の中心となります。臨床腫瘍研究部は、臨床研究の中でも、とくに介入をともなった臨床研究、すなわち臨床試験や治験を中心に、これらを支援・推進する研究部です。組織図に示されていますように、その中心となるのが、治験、臨床試験を支援・推進するためのオフィス、治験推進室・臨床試験推進室です。CRC薬剤師、CRC看護士、事務職員からなる同室が、院内でおこなわれるさまざまな治験、臨床試験をサポートしています。また、多様な疾患を対象とした治療薬の開発を迅速にすすめるには、臨床試験を実施できる診療科、医師間の連携が欠かせません。臨床腫瘍研究部のスタッフは、臨床試験を実施している主要な診療科の医師が併任でつとめているため、同部は、院内はもちろんのこと、関連施設もふくめた、臨床試験のネットワーク・センターとなっています。本研究部内には、治験推進室・臨床試験推進室に加え、抗がん剤等の薬物療法の臨床試験を研究する癌分子治療研究室と骨髄移植、免疫療法に関連した臨床試験を研究する腫瘍細胞療法研究室の2研究室が置かれています。


治験推進室・臨床試験推進室

治験推進室・臨床試験推進室は、院内で実施される治験、臨床試験を支援・推進するためのオフィスです。

詳細をみる

患者さんへ

当院では、さまざまながん治療薬に関連した治験、臨床試験を実施しています。

詳細をみる

治験を依頼される方へ

治験申請の受付は、治験推進室でおこなっております。迅速な実施に向けて、申請前の事前相談も随時おこなっておりますので、ご相談ください。

詳細をみる
 

受託研究を依頼される方へ

受託研究申請の受付は、薬剤部でおこなっております。迅速な実施に向けて、申請前の事前相談も随時おこなっておりますので、ご相談ください。

詳細をみる
 

臨床腫瘍研究部長
(不在)

治験推進室

室長紹介

瀬戸貴司
Takashi Seto


研究内容

Research Goals

  • 治験・臨床試験による新薬の臨床開発
  • 早期・探索的臨床試験(First in human試験を含む第I相試験)の推進およびバイオマーカーの開発

Personal History

  • 1990年 久留米大学医学部卒業
  • 1990年 熊本大学医学部第一内科入局
  • 1997年 熊本地域医療センター呼吸器科医員
  • 2002年 熊本地域医療センター呼吸器科医長
  • 2003年 東海大学医学部内科系呼吸器内科助手
  • 2005年 東海大学医学部内科系腫瘍内科講師
  • 2005年 国立病院機構九州がんセンター呼吸器腫瘍科医員
  • 2007年 学位取得(医学博士)
  • 2016年 国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター治験推進室長(併任)
  • 2017年 横浜市立大学客員教授(併任)

賞罰

  • 2014年 国立病院機構優秀論文賞
  • 2015年 日本肺癌学会 篠井・河合賞
  • 2016年 The IASLC Asia Pacific Lung Cancer Conference Best Oral Presentation

Scopes and Perspectives

 2016年10月付けで臨床研究センター臨床腫瘍学研究部 治験推進室 室長を拝命致しました。2005年10月、統括診療部呼吸器腫瘍科に内科系医師として赴任し、診療に携わりながら、2012年より、治験・臨床試験推進室 室員として、呼吸器腫瘍の新規薬剤開発や固形癌に対する早期抗がん剤開発などにも関わってきました。たとえば当センターにおいて治験として世界で初めてヒトに対して投与した薬剤(アレクチニブ)が保険承認を得、更に従来薬より効果が上回り、かつ有害事象は軽いということを証明する試験や、当センターで日本人に初めて投与した免疫チェックポイント阻害剤(ペンブロリズマブ)が、従来の殺細胞性抗がん剤併用療法より、生存期間延長効果が高いことを証明する試験などです。
 治験・臨床試験推進室はこのような新規抗がん剤の承認を得るための治験や、承認後薬剤の適切な使用方法を検討する医師主導臨床試験のサポートを行う部門です。一般の医療機関では実施できない、早期開発試験、グローバル試験(世界同時進行)そして医師主導型治験(企業が手を出せない希少疾患)に力を入れており、現在、年間受託新規治験数は30件、総売り上げが3億程度となっています。また、臨床試験の分野についても、2013年度に治験とは別部門として立ち上げ、新たな治療法の研究(臨床試験)をバックアップする体制をいち早く確立させています。
 一般臨床とは異なる法律、制度(GCP)、倫理指針の下に行う医療であるため、臨床研究コーディネーターや事務職員の経験や力量が問われる部門ですが、11年前は7人であったスタッフも、現在は30人を超える規模となりました。業務の煩雑さや特殊性から、常に人手不足で仕事量も多くなりがちですが、新規抗がん剤の開発は、まさに人類の「夢」であり、人類共通の「宝」の創造です。「九州のがん患者の夢は九州がんセンターが担う」をモットーに室員一丸となって躍進してまいります。


代表的公刊業績

Selected publications

  1. Seto T, Imamura F, Kuriyama K, Funakoshi T, Gotoh H, Nakayama T, Nakamura S, Horai T: Effect on prognosis of bone marrow infiltration detected by magnetic resonance imaging in small cell lung cancer. Eur J Cancer 33:2333-2337,1997.
  2. Seto T, Yoh K, Asoh H, Yamamoto H, Semba H, Ichinose Y: A phase I study of combination chemotherapy with gemcitabine and oral UFT for advanced non-small cell lung cancer. Br J Cancer 86:1701-1704,2002.
  3. Seto T, Takezako Y, Nakamura H, Takeda K, Inoue F, Semba H, Eguchi K: Doublet regimen of cisplatin plus docetaxel for second-line chemotherapy after prior therapy with cisplatin plus irinotecan for non-small cell lung cancer: a phase II study. Int J Clin Oncol 9:378-382,2004.
  4. Seto T, Higashiyama M, Funai H, Imamura F, Uematsu K, Seki N, Eguchi K, Yamanaka T, Ichinose Y: Prognostic value of expression of vascular endothelial growth factor and its flt-1 and KDR receptors in stage I non-small-cell lung cancer. Lung Cancer 53:91-96,2006.
  5. Seto T, Ushijima S, Yamamoto H, Ito K, Araki J, Inoue Y, Semba H, Ichinose Y: Intrapleural hypotonic cisplatin treatment for malignant pleural effusion in 80 patients with non-small-cell lung cancer: a multi-institutional phase II trial. Br J Cancer 95:717-721,2006.
  6. Seto T, Yamanaka T, Nakano M, Ota M, Maruyama R, Okamoto T, Wataya H, Uematsu K, Seki N, Eguchi K, Semba H, Ichinose Y: Tegafur-uracil plus gemcitabine combination chemotherapy in patients with advanced non-small cell lung cancer previously treated with platinum. J Thorac Oncol 3:637-642,2008.
  7. Seto T, Yamanaka T, Wasada I, Seki N, Okamoto H, Ogura T, Shibuya M, Takiguchi Y, Shinkai T, Masuda N, Ichinose Y, Eguchi K, Watanabe K: Phase I/II trial of gemcitabine plus oral TS-1 in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer: Thoracic oncology research group study 0502. Lung Cancer 69:213-217,2010.
  8. Seto T, Esaki T, Hirai F, Arita S, Nosaki K, Makiyama A, Kometani T, Fujimoto C, Hamatake M, Takeoka H, Agbo F, Shi X: Phase I, dose-escalation study of AZD7762 alone and in combination with gemcitabine in Japanese patients with advanced solid tumours. Cancer Chemother Pharmacol 72:619-627,2013.
  9. Seto T, Kiura K, Nishio M, Nakagawa K, Maemondo M, Inoue A, Hida T, Yamamoto N, Yoshioka H, Harada M, Ohe Y, Nogami N, Takeuchi K, Shimada T, Tanaka T, Tamura T: CH5424802 (RO5424802) for patients with ALK-rearranged advanced non-small-cell lung cancer (AF-001JP study): a single-arm, open-label, phase 1-2 study. Lancet Oncol 14:590-598,2013.
  10. Seto T, Kato T, Nishio M, Goto K, Atagi S, Hosomi Y, Yamamoto N, Hida T, Maemondo M, Nakagawa K, Nagase S, Okamoto I, Yamanaka T, Tajima K, Harada R, Fukuoka M: Erlotinib alone or with bevacizumab as first-line therapy in patients with advanced non-squamous non-small-cell lung cancer harbouring EGFR mutations (JO25567): an open-label, randomised, multicentre, phase 2 study. Lancet Oncol 15:1236-1244,2014.

臨床試験推進室

室長紹介

江﨑泰斗
Taito Esaki


研究内容

Research Goals

  • 治験・臨床試験による新薬の臨床開発
  • 早期・探索的臨床試験(First in human試験を含む第I相試験)の推進およびバイオマーカーの開発

Personal History

  • 1988年 九州大学医学部卒業
  • 1988年 九州大学医学部第一内科入局
  • 1996年 米国メモリアルスローンケタリングがんセンター リサーチフェロー
    (Molecular Therapeutics Lab.)
  • 1997年 学位取得(医学博士)
  • 2003年 国立病院九州がんセンター化学療法科医長
    (現 国立病院機構九州がんセンター消化管・腫瘍内科医長)
  • 2011年 同臨床研究センター臨床腫瘍研究部 分子治療研究室室長併任
  • 2012年 消化管・腫瘍内科部長、臨床研究センター臨床腫瘍研究部
    治験推進室・臨床試験推進室長併任
  • 2012年 臨床研究センター臨床腫瘍研究部分子治療研究室室長(併任)へ異動

Scopes and Perspectives

 近年抗悪性腫瘍薬は、従来の「殺細胞性抗がん薬」のみならず、がん細胞の増殖に関わる諸因子(分子)を特異的に阻害する「分子標的治療薬」の開発には目覚ましいものがあります。多くの癌腫で分子標的薬を用いた個別化医療が行われるようになり、著しい生存期間の延長に寄与しています。
基礎研究で開発された新薬の候補は、in vitro, in vivoの前臨床試験、臨床試験を経て疾患の治療へと導入されます。九州がんセンターでは治験管理室を中心に新薬の治験(I, II, III相試験)、製造販売後臨床試験に積極的に取り組んできました。2011年度に臨床研究部が臨床研究センターへ昇格したことに伴い、治験管理室は治験推進室・臨床試験推進室へと名称変更されました。


治験推進室・臨床試験推進室には現在、薬剤師・看護師・臨床検査技師などの臨床研究コーディネーター(CRC)計18名(うち7名は日本臨床薬理学会認定CRC)と3名のデータマネージャー、6名の事務員が配属されており、企業主導治験のみならず、医師主導治験、先進医療、医師主導臨床試験に対応できる体制をとっています。全国144の国立病院機構病院における当院の治験受託額はここ10年間常に上位を維持し、CRCの仕事内容の正確さが治験依頼者より高く評価されています。治験契約課題数は年間100件前後となり、この内約半数はglobal試験です。これはFDA(アメリカ食品医薬品局)の査察に対応し、かつICH-GCP(日米欧医薬品規制調和会議で合意されたGCP)での対応が必須ということであり、良質な臨床試験の遂行が求められます。
治験・診療研究推進室では、院内他部門のスタッフと緊密な連携の元、院内すべての臨床研究業務に対応し、有効な治療法、薬剤を早く患者さんの手元に届けられるよう努力していきます。


代表的公刊業績

Selected publications

  1. LJM716 in Japanese patients with head and neck squamous cell carcinoma or HER2-overexpressing breast or gastric cancer.
    Takahashi S, Kobayashi T, Tomomatsu J, Ito Y, Oda H, Kajitani T, Kakizume T, Tajima T, Takeuchi H, Maacke H, Esaki T.
    Cancer Chemother Pharmacol. 2017 Jan;79(1):131-138.
  2. Randomized phase III study of bevacizumab plus FOLFIRI and bevacizumab plus mFOLFOX6 as first-line treatment for patients with metastatic colorectal cancer (WJOG4407G).
    Yamazaki K, Nagase M, Tamagawa H, Ueda S, Tamura T, Murata K, Eguchi Nakajima T, Baba E, Tsuda M, Moriwaki T, Esaki T, Tsuji Y, Muro K, Taira K, Denda T, Funai S, Shinozaki K, Yamashita H, Sugimoto N, Okuno T, Nishina T, Umeki M, Kurimoto T, Takayama T, Tsuji A, Yoshida M, Hosokawa A, Shibata Y, Suyama K, Okabe M, Suzuki K, Seki N, Kawakami K, Sato M, Fujikawa K, Hirashima T, Shimura T, Taku K, Otsuji T, Tamura F, Shinozaki E, Nakashima K, Hara H, Tsushima T, Ando M, Morita S, Boku N, Hyodo I.
    Ann Oncol. 2016 Aug;27(8):1539-46.
  3. Safety and tolerability of AZD5363 in Japanese patients with advanced solid tumors.
    Tamura K, Hashimoto J, Tanabe Y, Kodaira M, Yonemori K, Seto T, Hirai F, Arita S, Toyokawa G, Chen L, Yamamoto H, Kawata T, Lindemann J, Esaki T.
    Cancer Chemother Pharmacol. 2016 Apr;77(4):787-95.
  4. Comparison of two different S-1 plus cisplatin dosing schedules as first-line chemotherapy for metastatic and/or recurrent gastric cancer: a multicenter, randomized phase III trial (SOS).
    Ryu MH, Baba E, Lee KH, Park YI, Boku N, Hyodo I, Nam BH, Esaki T, Yoo C, Ryoo BY, Song EK, Cho SH, Kang WK, Yang SH, Zang DY, Shin DB, Park SR, Shinozaki K, Takano T, Kang YK; SOS study investigators..
    Ann Oncol. 2015 Oct;26(10):2097-101.
  5. Randomized, open-label, phase III study comparing irinotecan with paclitaxel in patients with advanced gastric cancer without severe peritoneal metastasis after failure of prior combination chemotherapy using fluoropyrimidine plus platinum: WJOG 4007 trial.
    Hironaka S, Ueda S, Yasui H, Nishina T, Tsuda M, Tsumura T, Sugimoto N, Shimodaira H, Tokunaga S, Moriwaki T, Esaki T, Nagase M, Fujitani K, Yamaguchi K, Ura T, Hamamoto Y, Morita S, Okamoto I, Boku N, Hyodo I.
    J Clin Oncol. 2013 Dec 10;31(35):4438-44.
  6. Phase I Study to Assess the Safety, Tolerability and Pharmacokinetics of AZD4877 in Japanese Patients with Solid Tumors.
    Esaki T, Seto T, Ariyama H, Arita S, Fujimoto C, Tsukasa K, Kometani T, Nosaki K, Hirai F, Yagawa K.
    Arch Drug Inf. 2011 Jun;4(2):23-31.
  7. Organization and structure of the mouse gamma-glutamyl hydrolase gene and the functional identification of its promoter.
    Esaki T, Masumoto N, Hayes P, Chen J, Sirotnak FM.
    Gene. 1999 Jun 24;234(1):93-100.
  8. Cloning of mouse gamma-glutamyl hydrolase in the form of two cDNA variants with different 5' ends and encoding alternate leader peptide sequences.
    Esaki T, Roy K, Yao R, Galivan J, Sirotnak FM.
    Gene. 1998 Sep 28;219(1-2):37-44.
  9. Schedule-dependent reversion of acquired cisplatin resistance by 5-fluorouracil in a newly established cisplatin-resistant HST-1 human squamous carcinoma cell line.
    Esaki T, Nakano S, Masumoto N, Fujishima H, Niho Y.
    Int J Cancer. 1996 Feb 8;65(4):479-84.
  10. Inhibition by 5-fluorouracil of cis-diamminedichloroplatinum(II)-induced DNA interstrand cross-link removal in a HST-1 human squamous carcinoma cell line.
    Esaki T, Nakano S, Tatsumoto T, Kuroki-Migita M, Mitsugi K, Nakamura M, Niho Y.
    Cancer Res. 1992 Dec 1;52(23):6501-6.

癌分子治療研究室

(不在)

腫瘍細胞療法研究室

室長紹介
Description: http://www.ia-nkcc.jp/rinsho/rinsho/img/photo_takenoyama.jpg
竹之山 光広

Mitsuhiro Takenoyama


Research Goals

  • 呼吸器悪性腫瘍患者における生体防御機構の解明
  • 肺癌に対する免疫療法

Personal History

  • 1990年 九州大学医学部医学科卒業
  • 1990年 九州大学医学部付属病院第2外科臨床研修医
  • 1992年 九州大学大学院医学系研究科(生体防御医学研究所免疫学部門)
  • 1998年 ルドヴィック癌研究所ブリュッセル支部へ留学(肺癌の腫瘍免疫)
  • 2001年 産業医科大学第2外科助手
  • 2006年 産業医科大学2外科講師
  • 2011年 九州大学大学院医学研究院 がん先端医療応用学講座 講師
  • 2011年 北九州市立医療センター呼吸器外科部長
  • 2012年 九州大学病院 呼吸器外科(2)副科長
  • 2012年 九州がんセンター呼吸器腫瘍科 医長(診療科責任者)
  • 2012年 九州がんセンター臨床研究センター臨床腫瘍研究部 細胞療法研究室長併任

賞 罰

  • 2009年 日本呼吸器外科学会賞(肺癌患者の特異的免疫応答の解析)

研究内容

Research Goals

  • 呼吸器悪性腫瘍患者における生体防御機構の解明
  • 肺癌に対する免疫療法


Previous and current research/Future projects
「がんに対して免疫が存在する」ことは以前から実験室レベルでは知られており、肺がん患者にも、自分のがん細胞に対する様々な免疫反応(細胞性免疫・液性免疫)が存在し、実際にその治療のターゲットとなり得る腫瘍抗原遺伝子やペプチドを発見・同定してきた。しかしながらワクチン単独療法などでは客観的な治療効果に乏しく、新たなbreakthroughが期待されていた。最近になり、免疫チェックポイント阻害薬の登場により、「がんのせいで眠らされていた自己の免疫力を目覚めさせる」という新しい手法の免疫療法の開発が進んでおり、非常に注目を浴びている。 当研究室のテーマとして、1. 肺がん・縦隔腫瘍・胸膜腫瘍患者の生体防御機構(いかにがんから身を守っているのか)の解明の基礎的研究、2.NKT細胞療法の臨床試験を行っている。

  1. これまで、腫瘍免疫の歴史の中で、肺癌に対する特異的免疫応答の解析はメラノーマや腎癌のそれと比べ困難であり、この理由は単に肺癌の免疫原性が低いためと理解されていました。しかしながら肺癌においても、樹立した肺癌細胞株と同一症例のリンパ球を用いて自己腫瘍-自己リンパ球の実験システムによって、がん患者生体内に自己肺癌特異的なCTLが誘導可能なことを証明してきました。CTL誘導において、人工的に肺癌細胞・悪性胸膜中皮腫細胞株にB7(CD80)を移入発現させ、免疫チェックポイントを正の方向にすると、多くの肺癌患者でCTLが誘導できることがわかり、いいかえると肺癌患者の多くに腫瘍特異的免疫が存在はするものの腫瘍の微小環境における免疫抑制状態により機能を発揮できなくなっていると考えられます。肺癌患者の腫瘍微小環境ではT細胞活性化経路をダウンレギュレートされていると予想され、この免疫チェックポイントの解明は、今後の免疫チェックポイントの阻害治療などの免疫療法の鍵となってくると考えられます。予後不良な呼吸器悪性腫瘍の微小環境における宿主側・腫瘍側の免疫制御に関わる分子と、臨床病理学的特徴の相関を解明することにより、免疫逃避メカニズムの機序解明とそれに基づく治療法の開発につながると考えています。
  2. NKT細胞は細胞表面にT細胞受容体(TCR)とNK細胞受容体(NKR)をともに発現しているユニークな細胞で、末梢血単核球中の0.05%存在し、CD1d 分子に提示される糖脂質(α-ガラクトシルセラミド (α-GalCer))を認識し、NK,樹状細胞と共に自然免疫の代表的な細胞であり,腫瘍免疫,感染免疫,自己免疫に深く関与しています。千葉大学医学部では、標準治療が終了した進行非小細胞肺癌患者を対象に、Phase I-II試験が行われ(Motohashi S et.al J Immunol 2009)、有望な成績が報告され、現在先進医療として行われています。そこで、当院では国立病院機構・理化学研究所・千葉大学の共同研究として、再発予防を目指した肺癌術後NKT細胞療法の臨床試験を開始することになりました。治療施設は名古屋医療センターと九州がんセンターです。細胞療法を行うために当院では、細胞培養センター(CPC)を設置し、非小細胞肺癌完全切除例で,病理病期II-IIIA期,シスプラチン+ビノレルビンによる術後補助療法後の患者を対象に免疫細胞療法を行う「II-IIIA期非小細胞肺癌完全切除患者を対象としたαGalCer-pulsed 樹状細胞療法のランダム化第II相試験」(UMIN000010386)を開始致しました。主要エンドポイントは、2年無再発生存割合、副次エンドポイントは、NKT細胞特異的免疫反応、有害事象と安全性の評価、全生存期間です。非小細胞肺癌完全切除後,シスプラチン,ビノレルビンの2剤併用補助化学療法を受けた後の患者について適格性を確認・登録受付け後,αGalCer-pulsed樹状細胞による免疫療法を行う群と行わない群にランダムに割り付けるデザインです(多施設共同,ランダム割付,非盲検化第II相試験)。治療群は,成分採血を行い、CPC内で、単核球を採取して樹状細胞を誘導・培養し、αガラクトシルセラミドを添加した後に、本人に点滴静注にて投与します。調製した?GalCer-pulsed樹状細胞の静脈内投与を1週ごとに2回行うことを1サイクルとし,計2サイクル施行します。?GalCer-pulsed樹状細胞療法の毒性は軽度と考えられ,術後補助化学療法後に本治療を加えることで,一層の治療効果および生存の延長に寄与する可能性があると考え、本臨床試験が計画され、現在先進医療Bの承認を得ています。

代表的公刊業績
Selected publications

  1. Takenoyama M, Yasumoto K, Harada M, Sugimachi K, Nomoto K: Antitumor response of regional lymph node lymphocytes in human lung cancer. Cancer Immunol Immunother 47:213-220,1998.
  2. Takenoyama M, Yoshino I, Fujie H, Hanagiri T, Yoshimatsu T, Imabayashi S, Eifuku R, Nomoto K, Yasumoto K: Autologous tumor-specific cytotoxic T lymphocytes in a patient with lung adenocarcinoma: implications of the shared antigens expressed in HLA-A24 lung cancer cells. Jpn J Cancer Res 89:60-66,1998.
  3. Takenoyama M, Yoshino I, Eifuku R, So T, Imahayashi S, Sugaya M, Yasuda M, Inoue M, Ichiyoshi Y, Osaki T, Nagashima A, Nomoto K, Yasumoto K: Successful induction of tumor-specific cytotoxic T lymphocytes from patients with non-small cell lung cancer using CD80-transfected autologous tumor cells. Jpn J Cancer Res 92:309-315,2001.
  4. Yasuda M, Tanaka Y, Tamura M, Fujii K, Sugaya M, So T, Takenoyama M, Yasumoto K: Stimulation of beta1 integrin down-regulates ICAM-1 expression and ICAM-1-dependent adhesion of lung cancer cells through focal adhesion kinase. Cancer Res 61:2022-2030,2001.
  5. Ichiki Y, Takenoyama M, Mizukami M, So T, Sugaya M, Yasuda M, Hanagiri T, Sugio K, Yasumoto K: Simultaneous cellular and humoral immune response against mutated p53 in a patient with lung cancer. J Immunol 172:4844-4850,2004.
  6. Takenoyama M, Baurain JF, Yasuda M, So T, Sugaya M, Hanagiri T, Sugio K, Yasumoto K, Boon T, Coulie PG: A point mutation in the NFYC gene generates an antigenic peptide recognized by autologous cytolytic T lymphocytes on a human squamous cell lung carcinoma. Int J Cancer 118:1992-1997,2006.
  7. Kuroda K, Takenoyama M, Baba T, Shigematsu Y, Shiota H, Ichiki Y, Yasuda M, Uramoto H, Hanagiri T, Yasumoto K: Identification of ribosomal protein L19 as a novel tumor antigen recognized by autologous cytotoxic T lymphocytes in lung adenocarcinoma. Cancer Sci 101:46-53,2010.
  8. Kuroda K, Takenoyama M, Baba T, Shigematsu Y, Shiota H, Ichiki Y, Yasuda M, Uramoto H, Hanagiri T, Yasumoto K: Identification of ribosomal protein L19 as a novel tumor antigen recognized by autologous cytotoxic T lymphocytes in lung adenocarcinoma. Cancer Sci 101:46-53,2010.Shigematsu Y, Hanagiri T, Shiota H, Kuroda K, Baba T, Ichiki Y, Yasuda M, Uramoto H, Takenoyama M, Yasumoto K, Tanaka F: Immunosuppressive effect of regulatory T lymphocytes in lung cancer, with special reference to their effects on the induction of autologous tumor-specific cytotoxic T lymphocytes. Oncol Lett 4:625-630,2012.
  9. Takenaka T, Takenoyama M, Yamaguchi M, Toyozawa R, Inamasu E, Kojo M, Toyokawa G, Yoshida T, Shiraishi Y, Morodomi Y, Hirai F, Taguchi K, Shimokawa M, Seto T, Ichinose Y: Impact of the epidermal growth factor receptor mutation status on the post-recurrence survival of patients with surgically resected non-small-cell lung cancerdagger. Eur J Cardiothorac Surg 47:550-555,2015.
  10. Shimizu T, Seto T, Hirai F, Takenoyama M, Nosaki K, Tsurutani J, Kaneda H, Iwasa T, Kawakami H, Noguchi K, Shimamoto T, Nakagawa K: Phase 1 study of pembrolizumab (MK-3475; anti-PD-1 monoclonal antibody) in Japanese patients with advanced solid tumors. Invest New Drugs 34:347-354,2016.