代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 臨床研究センター > 組織 > 腫瘍情報研究部

腫瘍情報研究部

ものと情報とは研究の2大リソースであり、近年情報の意義が一段と注目されていることは周知の事実です。また、ゲノム計画以後の技術革新により、生命科学において人間が一度に取り扱える情報量も爆発的に増加しました。情報が発生する過程に注意を払い、生じた情報を収集・管理し、適切な処理を通じて、結論を得る。それは、すべての研究に普遍的に求められる要請です。臨床研究も例外ではありません。腫瘍情報研究部は、臨床研究を情報の側面からサポートする研究部です。腫瘍統計学研究室は、より効率的で科学的な臨床試験デザインやデータ解析に関する統計学的方法論について研究を行うと同時に、研究計画の立案,データの収集・管理・解析・評価というさまざまな面から、臨床研究を支援しています(「臨床試験データ管理室(データ・センター)」もご参照ください)。同研究部には、バイオ・インフォーマティクスを主たる研究対象とする腫瘍情報学研究室、施設内外のがん疫学データを研究する腫瘍疫学研究室も設置されています。

 

腫瘍情報研究部長


一瀬 幸人 Yukito Ichinose, MD, FCCP

腫瘍統計学研究室

腫瘍統計学研究室
Tel:
+81(0)92-541-3231
Fax:+81(0)92-542-8534


室長紹介


下川 元継 Mototsugu Shimokawa, PhD


Research Goals

  • 臨床試験における臨床統計学・データ管理学の方法論開発


Personal History

  • 2000年 東京理科大学大学院工学研究科修士課程修了
  • 2009年 外資系製薬会社等の勤務を経て、九州大学病院 高度先端医療センター 特任助教
  • 2012年 国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター腫瘍情報部腫瘍統計学研究室長

Research Goals
臨床試験における臨床統計学・データ管理学の方法論開発

Scopes and perspective

医療統計学は、臨床研究において、研究計画の立案,データの収集・管理・解析・評価というさまざまな面で、治療薬や治療法の開発に貢献している。本研究室では、腫瘍の臨床研究への支援によって得られた経験に基き、より効率的で科学的な臨床試験デザインやデータ解析に関する統計学的方法論について研究を行っている。

  1. Shimokawa M, Hasegawa S, Fukuoka K, Okada M, Yokoi K, Tanaka F, Yamanaka T, Daimon T and NakanoT. A Feasibility Study of Induction Pemetrexed plus Cisplatin followed by Pleurectomy/Decortication aimed at Macroscopic Complete Resection for Malignant Pleural Mesothelioma. Jpn J Clin Oncol, 43:575-8, 2013
  2. Eto T, Saito T, Shimokawa M, Hatae M, Takeshima N, Kobayashi H, Kasamatsu T, Yoshikawa H, Kamura T, Konishi I. Status of treatment for the overall population of patients with stage IVb endometrial cancer, and evaluation of the role of preoperative chemotherapy: A retrospective multi-institutional study of 426 patients in Japan. Gynecol Oncol. 131:574-80, 2013
  3. Shimamoto K, Saito T, Okadome M, Shimokawa M. Prognostic significance of the treatment-free interval in patients with recurrent endometrial cancer. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 175:92-6, 2014
  4. Harada T, Hamada A, Shimokawa M, Takayama K, Kudoh S, Maeno K, Saeki S, Miyawaki H, Moriyama A, Nakagawa K, Nakanishi Y. A Phase I/II Trial of Irinotecan Plus Amrubicin Supported with G-CSF for Extended Small-cell Lung Cancer. Jpn J Clin Oncol. 44:127-33, 2014
  5. Hirai F, Seto T, Shimokawa M, Inamasu E, Toyozawa R, Toyokawa G, Yoshida T, Shiraishi Y, Takenaka T, Yamaguchi M, Takenoyama M, Ichinose Y. Split-dose Cisplatin and Vinorelbine as Adjuvant Chemotherapy for Completely Resected Non-small Cell Lung Cancer. Anticancer Res. 34:927-31, 2014
  6. Kohno M, Okamoto T, Suda K, Shimokawa M, Kitahara H, Shimamatsu S, Konishi H, Yoshida T, Takenoyama M, Yano T, Maehara Y. Prognostic and Therapeutic Implications of Aromatase Expression in Lung Adenocarcinomas with EGFR mutations. Clin Cancer Res. 20:3613-22, 2014
  7. Tamura K, Aiba K, Saeki T, Nakanishi Y, Kamura T, Baba H, Yoshida K, Yamamoto N, Kitagawa Y, Maehara Y, Shimokawa M, Hirata K, Kitajima M; CINV Study Group of Japan. Testing the effectiveness of antiemetic guidelines: results of a prospective registry by the CINV Study Group of Japan. Int J Clin Oncol. [Epub 2015 Feb 15.]
  8. Kogawa T, Doi A, Shimokawa M, Fouad TM, Osuga T, Tamura F, Mizushima T, Kimura T, Abe S, Ihara H, Kukitsu T, Sumiyoshi T, Yoshizaki N, Hirayama M, Sasaki T, Kawarada Y, Kitashiro S, Okushiba S, Kondo H, Tsuji Y. Early skin toxicity predicts better outcomes, and early tumor shrinkage predicts better response after cetuximab treatment in advanced colorectal cancer. Target Oncol. 10:125-33, 2015

臨床試験データ管理室(データ・センター)

腫瘍情報研究部では、平成24年度より,臨床研究への支援・推進を一層強化するため、臨床試験データ管理室(データ・センター)を設置しました。臨床試験データ管理室(データ・センター)では、臨床研究の実施計画書(プロトコール)及び症例報告書(調査票)の見本の作成支援、症例登録・割付、進捗管理、データ管理、統計解析などを通じて、臨床研究の科学的側面を保証し、研究結果の信頼性を担保するためのデータ品質管理を行っております。九州がんセンター内外の臨床研究を支援しておりますので、お気軽にご相談、お問合せください。


<連絡先>
臨床研究センター
腫瘍情報研究部データ・センター
TEL:092-541-3231(内線2422)

腫瘍疫学研究室

(不在)